『タイルの本』2013年11月号

つい先月まで夏のような日もあったものですが、
今月になってから冬を予感させるような寒さの日が増えてきましたね!
落ち葉のカサコソという音が、晩秋を感じさせます。。。

タイルの本11月号も発刊しました!


今月号の表紙は、深まる秋にぴったりな濃緑のボーダータイル!
こちらは、岐阜県瑞浪市の「マスターズクラフト」の、
「パレスホテル東京店」の壁面装飾です!
「箸置き」や、「レンジタイル」など、
東京の3店舗のショップシーンと商品をご紹介しています。
11月号も発刊になったある日。。。
鎌倉を散歩していたときに立ち寄った、和雑貨のお店に、
今回ご紹介した「箸置き」が並んでいました(・v・)
皆さんも、身近に商品が並んでいるかも!?
ぜひご覧ください★

特集は、こちらも岐阜県の、多治見市笠原町の最近の動向をお伝えしています。
アーティストによるイベントを開催したり、
静岡県の地元イベントに出展したりと精力的な活動を展開しています。
でも、「なぜ笠原?」
実は、笠原はモザイクタイルの生産高が全国一☆
「タイルのまち」なんですよーーー!
ご存知でしたか??
目にも楽しい特集になっています!ぜひご覧ください!

「モザイクアート」では、9月に開催されたモザイク会議の「モザイクビエンナーレ」をご紹介しています。
見に行けなかった方、誌上展でお楽しみください!


☆★☆今月の連載☆★☆
 
◉新タイル建築探訪「島屋東別館(旧松坂屋大阪店)」(大阪歴史博物館・酒井一光氏)
今回は豪華な百貨店建築です!
外装を彩るテラコッタとタイルのコラボレーションは、本当に豪華です。
中の階段室は、NHK朝ドラ「カーネーション」のロケ地としても使われたのだとか。
色々な歴史も詰まった建物です。
 
◉海外タイル事情「20mm厚タイル〜チェルサイエ2013より〜」
大判薄厚タイルの人気の裏で、厚みのある床タイルの種類が増えてきているのだとか。
チェルサイエ2013のトレンドからお届けです!

◉タイルよもやま話「我が子を喰らうサトゥルヌス」
人間の本質を表す名画から、タイルの売れ筋の本質を考える!!
今回も、新しい視点に目が開かれるようなコラムです。


『タイルの本』2013年10月号

『タイルの本』2013年10月号も発刊いたしました★



10月号の表紙は、埼玉県・川越市にあるレストラン「すぺいん亭」の店内です♪
海外のレストランのような雰囲気が漂います!
本誌では、店舗の外観から内装、そしてこの度新しくオープンした「すぺいん亭BER」のご紹介も。
オーナーシェフが自ら築き上げたという驚きの店内、ぜひご覧ください!
そして、ぜひ訪れて、本場のスペイン料理もご一緒にお楽しみください♥

特別レポートは、「軍艦島構造物の劣化調査とタイルの躯体保護効果」というタイトルの、
東京理科大・今本啓一先生のご講演録!
豊富な資料・写真とともに、軍艦島を調査されている先生ならではの詳しいレポートをご堪能ください。
通常のツアーでは見られない部分のお話も満載です!
 

☆★☆今月の連載☆★☆
 
◉新タイル建築探訪「大阪ガスビルディング(後編)」(大阪歴史博物館・酒井一光氏)
大阪ガスビルの後編は、内観が中心となります。
竣工当時の写真も盛りだくさんで、往時の雰囲気も知ることができます。
 
◉海外タイル事情「ハンガリー ジョルナイタイル」
玉虫色に鮮やかに輝く不思議な色彩・・・
ハンガリー陶磁器の名門、「ジョルナイタイル」をお楽しみください!
 
◉タイルよもやま話「一人暮らし」
人の暮らしに、タイルがどう働きかけができるのか?!
今回も、新しい視点に目が開かれるようなコラムです。
 

『タイルの本』2013年9月号

朝晩、ずいぶんと涼しく過ごしやすくなってきましたね★

タイルの本、9月号も発刊いたしました!



噴水が爽やかな9月号の表紙です。
表紙は、建築家トリーニ ヤコポさんが手掛けたモデルハウス「ノーモデルハウス」の広場に設置された噴水です。
モデルハウス「ノーモデルハウス」とは・・・!?
住宅に贅沢に使われたタイルは必見です。

特集は、東京都立城南職業能力開発センターの「建築塗装科」と「DIY科」。
本年6月号の特集であった城東職業能力開発センターに引き続き、
「大人の学校」である同センターでのタイル施工科目のもようをお伝えしています。
様々な前職を経験してきた訓練生たちのコメントには、
人生のドラマを感じます★
入校を考えている方にもぜひ見ていただきたいです。


☆★☆今月の連載☆★☆

◉新タイル建築探訪「大阪ガスビルディング(前編)」(大阪歴史博物館・酒井一光氏)
芝川ビルに続いて、関西の有名なタイル建築が登場!
白いタイル張りがみせる外観の様々な表情をお楽しみください♥

◉海外タイル事情「アトレヴィ大塚・モザイクゲート」
今回は東京のJR大塚駅にオープンした「アトレヴィ大塚」。
モザイク作家の荒木智子さんが制作したモザイクゲートのご紹介です。
女性らしい、華やかでお洒落なモザイクゲートの制作秘話です。

◉タイルよもやま話「バックシャン」
「バックシャン」=後姿美人、だそうです。
「もう死語に近い」と筆者がおっしゃっていますが、
何を隠そう、私はこの言葉知りませんでした。。。
さてさて、後姿美人とタイル・・・とは?! 


今月もお楽しみください!

『タイルの本』2013年8月号

暑い毎日です。。。。
『タイルの本』8月号は、さわやかなアズレージョが表紙です!



今月の表紙作品は、アズレージョ作家・石井 春さんの作品です。
今月は「タイルアート特集」で石井さんをはじめ、5人の作家紹介です。
同じ「タイル」ですが、
それぞれの作家の作品は、どれも違うものばかり。
たっぷり12頁、どうぞお楽しみください♥


「タイル・レポート」では、全国タイル業協会が需要喚起のために行なっている
タイルの「大学出張講座」。
今月は東京都市大学と東京大学で実施のレポートです。
講座も回数を重ね、内容が充実してきているようです。
これから建築界に出て行く若い学生の方々が、
この講座を通して、タイルを使ってくれるようになるといいですね!!


「ショールーム ナウ!」では、
名古屋モザイク工業さんの広島ショール―ムオープンと、
平田タイルさんの東京ショールームのオープンの話題。
「タイルレポート」では、
アベルコさんのArtis/Maristo六本木ショールーム2周年の話題です。
タイル業界のアツイ話題もチェックしてくださいね♪♪


「タイルアート作家の肖像」では、女性の元タイル職人さんによる、
タイルモザイクの施工例などが見られます。
女性ならではの感性が光るタイルモザイク、必見です★☆



☆★☆今月の連載☆★☆

◉新タイル建築探訪「芝川ビル(後編)」(大阪歴史博物館・酒井一光氏)
前号から引き続きで、今回は内装が中心。
当時のレトロな姿を活かしつつ、
店舗やレストラン、事務所などが入っている現在の様子を伺い知ることができます。
たっぷり5頁でお届けです!

◉海外タイル事情「SOS アズレージョ・プロジェクト」
前回に引き続き、ポルトガルの話題から。
さて、表題にもなっている「SOS アズレージョ・プロジェクト」とは何でしょう??
鮮やかな青が楽しい頁になりました♥

◉タイルよもやま話「夕張メロンと佐藤錦」
おいしそう。。。よだれが出て来てしまいそうなタイトルですが、
さて、どうタイルの話と繋がるのか?
今回も短いながら、ピリリとパンチが効いているコラムです。


『タイルの本』2013年7月号

『タイルの本』2013年7月号のご紹介です!!


今月の表紙は、平田タイルさんの新商品「ピグメント」です。
特集では、平田タイルさんの新商品発表会をはじめ、平田感謝祭オレンジフェア、
そしてダイナワンさんの新商品発表会などのレポートです!
各社の新商品とフェアのもようを誌面でお楽しみください♪


特集に続いては、モザイク作家・喜井豊治さんの特別寄稿
「モザイクとどう付き合うか―アメリカモザイク協会総会に出席して」。
アメリカのモザイク協会の総会。。。
何をやっているんだろう??というギモンが浮かびましたら、
ぜひ本誌をご覧ください!
総会。。。といっても、どうやらその内実はモザイクのフェスタの様相。
会場となったシカゴのタイル散策も合せてお楽しみいただけます♥

新シリーズ「チャレンジシリーズ」では、話題のJPタワーが登場!
貴重な施工現場のようすもご覧いただけます。


「モザイクアート」では、「モザイク画作家の会」の展覧会をご紹介です。
一人一人の手技が光るモザイク作品群、必見ですよ★


☆★☆今月の連載☆★☆

◉新タイル建築探訪「芝川ビル(前編)」(大阪歴史博物館・酒井一光氏)
芝川又右衛門邸に続いて、芝川家のビルが登場!!
大阪で有名な建築ですね!
前編・後編と分かれており、読み応えたっぷりです。

◉海外タイル事情「ポルトガルの舗石」
ポルトガルの舗石、なんてかわいいんでしょう。。。!
まるでおとぎの国みたいです。
世界の道路事情から、各国の国風が感じられますね。

◉タイルよもやま話「かまどさん」
技術にこだわる、ある会社と製品のおはなし。



『タイルの本』2013年6月号

タイルの本6月号も発刊となりました!!


今月の表紙は、
うっとうしい梅雨の気分をすっきりと爽やかにしてくれそうな、
レモン柄のモザイクアートです。
毎年恒例の「エターナル アート モザイク展」の出品作品から。
今月の「モザイクアート」は、
この「エターナル アート モザイク展」と、
タイルユニット・メロンモザイクのメンバーのタイルクラフト作品のご紹介の2本立て!
誌面でお楽しみください♥

特集は、東京都立城東職業能力開発センター「住宅内外装仕上科」のご紹介です。
生徒さんの修了制作であるモザイク壁画「ものづクリくん」の制作の奮闘を中心に、
科の訓練内容などを紹介しています。
「ゆるキャラ」ブームのなか、
城東センターのイメージキャラクター「ものづクリくん」もなかなかの可愛さです♥
このモザイク壁画をつくった修了生3名の貴重なコメントも読み応えあり!

特集に続く「特別レポート」では、
こちらも毎年恒例の全国タイル工業組合のアメリカ展示会 coverings 2013 の出展報告会。
アメリカの景気の動向は??
日本タイルの輸出の可能性は??
出展者たちの生の声をぜひ本誌で!!


☆★☆今月の連載☆★☆

◉新タイル建築探訪「芝川又右衛門邸(博物館明治村)」(大阪歴史博物館・酒井一光氏)
西郷従道邸に続き、芝川又右衛門邸が登場!!
外装タイル、トイレのタイルなどに加え、暖炉のタイルがとてもステキ。。。♥
なかでも、和室のふすまの中にある暖炉タイルには圧巻!

◉海外タイル事情「JCDプロダクトアワード UTパネル」
薄くスライスした大理石に樹脂やタイルを張り合せたパネルのご紹介。
用途はさまざまです!

◉タイルよもやま話「封建社会」
「建物は木組であり、人組である。」真に安らぎのある住空間をつくるものとは?




『タイルの本』2013年5月号

『タイルの本』5月号も発刊しています!!


今月号の表紙は、
ゴージャスなガラスモザイクの製品を多数見ることができる、
SICISショールーム(東京都港区)の展示品(部分)です♪♪
今月の「ショールーム ナウ!」で取り上げていますので、
ぜひご覧になってください。


今月の特集は、造形作家・麻生秀穂の壁画をご紹介!!
台湾の大学病院の天井と、東京都北区の滝野川会館ホール壁画です。
どちらも、スケールの大きさと作品の繊細さに驚くばかり・・・です。
作家の文章とともに、お楽しみください(・v<)―☆


人気の連載「新タイル建築探訪」は、
博物館明治村に移築された「旧西郷従道邸」です!
日本三景が描かれた陶板の暖炉飾りが、洋館の中できらりと光ります。


今月は、技術レポートも満載!
吉野石膏の「デラクリートセメントボード」のご紹介と、
建物の壁面を自走する外壁診断装置の実験のご紹介です。


こちらも人気の連載「海外タイル事情」では、ラミナムに見る大判薄型タイルの潮流を、
「タイルよもやま話」では4Kテレビからタイルを考察・・・!


「タイルのある風景」では、
千葉県柏市にある蕎麦屋「竹やぶ」の不思議ワールドが炸裂!!


今月もお見逃しなく!!


『タイルの本』2013年4月号

『タイルの本』4月号も発刊しました♪

今月の表紙は、タイルアート作家・松本治子さんの作品
「日常的空間」です。
タイルとビーズの組合せが、なんともやさしげな表情の作品です。
本誌では、松本さんと、松本さんの教室の生徒さんたちによる
「タイル・モザイク展」のもようをお伝えしています。

今月の特集は、毎年恒例の建築建材展「セラミックタイル美濃2013」の
タイルシーンをお届けです!!
各社の今年のラインナップを誌上でご確認ください。

新商品情報では、高山製陶の床タイル「スーパーメガテクノ」をご紹介です!
汚れが落ちやすく、すべりにくいという機能を実現した新商品、
注目です。

ショールーム・ナウでは、リビエラの「東京ショールーム」を取り上げました。
タイルサロンのようなショールーム、ぜひ訪れてみては!?

連載の「新タイル建築探訪」は、今回も5頁にわたってたっぷりとご紹介。
今月は「名古屋市役所本庁舎」です★
残念ながら取材時に外装が工事中。。。
しかし!内部のタイル・テラコッタの輝きに圧巻です!

同じく連載「海外タイル事情」では、「ベトナムのテラコッタ屋根」をレポート!
日本の瓦のような感じで、ベトナムではテラコッタが用いられているとか・・・
アジアンテイストたっぷり、かわいらしい雑貨のような伝統屋根をご覧ください!

同じく連載のコラム「タイルよもやま話」では、話題の「渋谷駅」に
新しいタイル使いの提言がきらりと光ります。

それでは、4月号もたっぷりお楽しみください♪

『タイルの本』2013年3月

3月も中旬になり、あたたかい日も増えてきましたね★

『タイルの本』3月号も既に発刊済みです!


表紙は、モザイク作家・鈴村敦夫さんの作品から。
本誌では鈴村さんの個展をご紹介しています。
最近の制作方法も紹介されているのですが、
同じデザインを違う趣向で制作、という方法がおもしろい!
繊細な作品群はみごたえたっぷりです。

特集は、「タイルモザイクの楽しみ方」と題して、
東京都タイル技能士会のモザイク教室の様子をレポート。
モザイクのコースターなど、作ったことありますか??
かわいい形のモザイクを敷きつめたり、自分でクラッシュしてはりこんだり。。。
扉ページには、様々なモザイクコースターの作品をあしらいました。
クッキーが並んでいるみたいで、かわいい扉になりました(*・v・*)

「新タイル建築探訪」は「名古屋陶磁器会館」です。
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のロケにも使われたという場所は、
レトロで素敵な建築です。

「タイルアート・レポート」では、タイルアートが融合したエントランスをもつマンションをご紹介。
一瞬、リゾートマンションのエントランスと見紛うような設えに、あたたかみのあるスペインタイルがマッチしています。

人気の連載「海外タイル事情」は中国のタイルトレンドをレポート。
テーブルウェアフェスティバルのレポートも見逃せません!
3月号もぜひお楽しみください♪


『タイルの本』2013年2月号

 寒い毎日が続きます!
『タイルの本』2月号は、青がさわやかなアズレージョ作品が表紙です!


こちらは、アズレージョ作家・白須純さんの作品"Boading”の一部分です。
作家が最新作にこめた思いとともに、
個展に出品された作品を今月号の「タイルアート レポート」でご覧いただけます★

特集は、「進化する輸入タイル」。
良好なコストパフォーマンス、意匠性の高さなどから、
脚光を浴びている輸入大型タイルの最新動向を、
豊富な施工例写真と資料でお伝えします。
業界の方はもちろん、
業界外の方にも「へえ〜、こんな所にも輸入大型タイルが使われているのか〜」と
楽しんでいただけると思います!!

人気の連載「新タイル建築探訪」。
今回は、大阪の観光名所・通天閣周辺(新世界)に、
「まるで野に咲く花のように可憐な建築が、ぽつりと建っている」と筆者に紹介される「ギャラリー再会」です♪
こちらは、元々は喫茶店として昭和28年に建てられたもの。
増頁の全5頁、たっぷりとタイルの世界をお楽しみください!
それにしても、喫茶店はすてきなタイル建築が多いですね。

それでは、『タイルの本』2月号もぜひお楽しみください♪♪♪



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:143 最後に更新した日:2016/03/03

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM