「タイルの本」2015年4月号&5月号

「タイルの本」2015年5月号が発刊いたしました!


今月号の表紙は、「女川温泉ゆぽっぽ」に誕生したタイル壁画です!
復興のシンボルとしてスタートした施設を、タイル壁画が彩ります。
5月号、ぜひご覧ください!
ホームページに目次もアップしています。

また、ホームページの更新が遅れてしまいましたが、
先月発刊済みの「タイルの本」2015年4月号の目次もアップしました。

あわせてご覧いただければ幸いです。

ホームページ http://www.tile-no-hon.com/

講演会「高野山金剛峯寺に保管されたタイル製名簿 『一万年保存』の解明」

講演会のお知らせです!


東京芸術大学美術学部教育資料編纂室 非常勤講師・坂口英伸氏-招待講演
「高野山金剛峯寺に保管されたタイル製名簿『一万年保存』の解明」
―4月17日開催・文京シビックホール会議室―


『大正十二年関東震災殃死(おうし)者名簿』――。そう名付けられた、タイルを用いた霊名簿の存在が明らかになったのは、2013年のこと。1923(大正12)年に発生した関東大震災で被災され非業の死を遂げられた、5万筆を超える犠牲者の氏名が、淡陶株式会社(現(株)Danto)製のタイルに青色顔料の呉須(ごす)で焼き付けられています。霊名簿は高野山真言宗総本山金剛峯寺(和歌山県)が所蔵し、同寺が管理する慰霊施設「高野山関東震災霊牌堂」で1万年間保存される予定だとされます。
この霊名簿の存在は関係者の一部で知られていたものの、それまで調査が行われず、実態は不明でしたが、2013(平成25)年、坂口氏の調査により霊名簿の所在が判明し、霊牌堂の地下でひっそりと保存されていた総数 378枚のタイルが確認されました。1930(昭和5)年の霊牌堂への奉納以来、83年ぶりに日の目をみたのです。
その間のいきさつとこの霊名簿作成を個人の発意により実現させた、大震災当時の東京市長であった故 永田秀次郎氏の存在などもマスコミ等で報じられ、また『タイルの本』2015年1月号では坂口氏の寄稿が掲載され、タイルという素材により名簿を一万年もの間、保存し続けようという遠大なビジョンに大きな斑紋が広がりました。

今回は、多くの協力の下この調査に挑み、大きな成果を導き出した坂口氏を講師にお招きし、調査の概要と今後の展開についてご講演いただきます。ぜひご参加ください。


開催日時:2015年4月17日(金)午後3時~午後4時45分(受付2時45分より)

会  場:文京シビックホール 3階 会議室(定員80名)
    文京区春日1-6-21 TEL03-5803-1100(地下鉄「後楽園」「春日」駅すぐ)

講  師:坂口 英伸 氏(さかぐち えいしん)
福岡県北九州市出身。東京芸術大学美術学部教育資料編纂室 非常勤講師。専門は日本美術史、文化資源学。東京美術学校および東京芸術大学の学史編纂に従事しながら、モニュメント(記念碑)やタイムカプセルを中心に研究を進めている。

参 加 費:無料(ただし希望者には資料代500円)

主  催:東京都タイル技能士会・タイルの本

申 込 先:東京都タイル技能士会 事務局 TEL03-5225-6863 FAX03-5225-6477
*「4/17講演会申込」と記入のうえ、代表者氏名(会社名)、代表者連絡先、代表者以外に申込者がいる場合はその方の氏名も明記のうえ、FAXで。定員に達し次第、締切らせていただきます。

『タイルの本』2015年3月号

「タイルの本」2015年3月号、発刊いたしました!!


かわいらしいモザイクタイルは、
技能五輪全国大会 碧南会場開催記念でつくられた巨大モザイクアートの一部分。
原画は、小学校3年生の女の子が手がけました。
タイトルは、「だれでも自由に空がとべる羽」。
もう一つの壁画は、幼稚園児の女の子が原画を描いています。
詳細は、「タイルの本」3月号で。。。
3月号の詳細はコチラ→http://www.tile-no-hon.com/

『タイルの本』2015年2月号

 『タイルの本』2015年2月号が発刊しています!


今月号の表紙は、2015年1月にオープンした「多治見市 駅北庁舎」屋外広場のモザイクアートです!
美濃焼タイルが彩る注目の庁舎★
詳しくは、ぜひ本誌でご覧ください。
2月号の詳細はコチラ→ http://www.tile-no-hon.com/

モザイク&タイルの講演会のお知らせ

3月に開催されるモザイクとタイルの講演会のご案内をいたします。

●講演会「パブリックアートとしてのモザイク壁画」

【開催日】2015年3月14日(土)2:00pm 〜 3:30pm
【会場】INAXライブミュージアム 世界のタイル博物館(愛知県常滑市)

※企画展「壁のパブリックアート」のクロージングイベント
【講師】喜井豊治(きい・とよはる);『タイルの本』で「世界のモザイク作家たち」を連載中のモザイク作家
【申込方法】FAX(0569-34-8283)かメール(event.lim@lixil.co.jp)にて「パブリックアート講演会参加希望」と明記のうえ、「参加者の氏名、電話番号、参加人数」を記載。
定員(40名)になり次第締切。

●講演会「藤森先生、タイルを見る、使う」

【開催日】2015年3月15日(日)14〜15:30

【会場】多治見市美濃焼ミュージアム(岐阜県多治見市)

※モザイクタイルミュージアム開館プレ展示2の関連企画

【講師】藤森照信(ふじもり・てるのぶ):「タイルの本」でも講演会を記事にさせていただいた建築家
【申込方法】FAX(0572-25-3400)かメール(info@tmtm28.com)にて氏名、所属、連絡先を明記のうえ、件名を「藤森講演会」として申込。定員100名。
詳細はコチラ http://tmtm28.com/vol2/

『タイルの本』2015年1月号、ほかHP公開しました!

『タイルの本』2015年1月号ほか、
毎月発行しておりましたバックナンバーもあわせて、
表紙と目次をホームページに公開いたしました!!

(2015年1月号・表紙)

都合によりホームページの更新が滞っており、
ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

『タイルの本』2014年6月&7月号

暑い毎日が続きますね

『タイルの本』2014年6月号&7月号の情報をホームページにて公開いたしました。

(6月号表紙)

(7月号表紙)

目次内容など、詳細はホームページにてご確認ください!

遅くなって申し訳ございませんでした。

どうぞよろしくお願いいたします。

『タイルの本』2014年5月号

緑のきれいな季節になりました。

『タイルの本』2014年5月号も発刊いたしました。


今月号の表紙は、国立競技場のタイル壁画『より速く』です。
今年7月から解体工事が始まる予定の国立競技場。
そこに多くのタイル壁画があるのをご存知でしたか?
壁画の保存を訴える東京藝大・工藤教授のメッセージとともに、
壁画の現在の姿を記録する貴重な特集になりました!
ぜひご覧ください。

特別レポートでは、LIXILの新商品発表会から、
タイルとエクステリアの新たな空間提案をご覧いただきます。

タイル・レポートでは、平田タイルの新商品発表会を誌上でお届け。
特別レポートと合わせ、タイル業界の新商流をご覧ください。

その他、「話題の施工例」や「チャレンジシリーズ」では、
各地のタイルの施工事例がご覧いただけます!

今月号もたっぷりとお楽しみください☆


☆★☆今月の連載☆★☆
 
◉新タイル建築探訪「中村健法律事務所」(大阪歴史博物館・酒井一光氏)
大阪・北浜にある、建築家・村野藤吾の知られざる初期の傑作!
こぢんまりとした建築ですが、外装から内装にいたるまで、
とても凝ったデザイン、そしてタイル使いにも注目です!

◉海外タイル事情「Dandelion セメントタイル」
スウェーデンのマラケッシュデザイン社×スウェーデンの建築家集団の
コラボレーションで生まれたセメントタイル、
”ダンデライオン”他、2種類のタイルを中心にお届けします。

◉タイルよもやま話「24時間50分」
過去と身体に聞く、利にかなったデザインとは・・・



『タイルの本』品切れのお知らせ

現在、下記のバックナンバーが品切れとなっております。

申し訳ございませんが、ご容赦ください。

●品切れ号
<2007年12月創刊準備号、2008年1月号・4月号・5月号、2009年1月号・6月号、2010年8月号、2011年7月号・9月号・11月号、2012年1月号(2014/5/15現在)>

『タイルの本』2014年4月号

関東では、初夏を思わせる陽気の日も増えてきましたね!

『タイルの本』4月号は、小学校の卒業制作モザイク壁画が表紙です♪


表紙作品のほか、
東京都タイル技能士会が小学校で行なったモザイク画制作の指導のもようを、
4月号の「タイルレポート」でお伝えしています。
子どもたちの力作、ぜひ誌上でご覧ください!
この「モザイク画制作」ですが、
「子どもの遊び」とあなどることなかれ・・・
大人も十分楽しめる、おくぶか〜いアートなんですよ!
チャレンジしたことのない方、
ぜひ機会をとらえて、一度チャレンジしてみてください!

特集は、「磁器発祥の地・有田を歩く」。
さすが有田、いろいろな焼きものを楽しめる特集です。
風情ある「トンバイ塀」も必見!

「特別レポート」では、今年も建築建材展の「セラミックタイル美濃2014」ブースを特集!
トレンドの風感じてください☆



☆★☆今月の連載☆★☆
 
◉海外タイル事情「EVERSTONE」
オーストラリアの会社、エバーストーン社のご紹介。
タイル、ガラス、金属、石材を様々に加工して高いデザイン性を持たせた商品の数々、
ぜひ本誌でご確認ください!

◉タイルよもやま話「投資」
筆者が、浅草の街をぶらり散歩して考えた、
新しいものと伝統的なものとのコラボによる新需要の活性化が語られます!



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:143 最後に更新した日:2016/03/03

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM