『タイルの本』2014年1月号

『タイルの本』2014年の初めての号が、
皆様のお手元に届いた頃と思います!


1月号の表紙は、特集の展示から。
INAXライブミュージアム(愛知県常滑市)で開催中の展覧会、
『建築の皮膚と体温ーイタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界』の
展示風景の一部です。
ジオ・ポンティのデザインしたタイルを復原した表紙は、
実は以前にも!
そのときは青と白のものでしたが、
今回はオレンジ・黄色・白のタイルです。
空間全体でジオ・ポンティの世界を味わえる展示となっていますので、
本誌をご覧になった後は、ぜひINAXライブミュージアムに出かけてみてください!
特集では、同時期にライブミュージアムで開催中の展覧会、
『ラスター彩タイル〜天地水土の輝き』もご紹介しています♪

新春インタビューとして、
LIXILの組織改編で誕生したプロダクツカンパニー タイルビジネスユニット長・庵原氏が、
”「タイルの夢の実現」ー需要創造で未来をひらく!”と題して、お話してくださっています。
2014年の始めに、タイルの未来を考えてみてはいかがでしょうか。



☆★☆今月の連載☆★☆
 
◉新タイル建築探訪「ロンドンの建築と煉瓦・タイル・テラコッタ―駅舎・ミュージアム篇」(大阪歴史博物館・酒井一光氏)
新年の新タイル建築探訪は、ロンドンでスタート!!
日本の近代化のお手本となった本場の煉瓦・タイル・テラコッタの街並を
堪能ください!

◉海外タイル事情「タイルの話」
著者は、大学でタイル講座の講師をしていらっしゃいます。
そこで紹介されている海外のタイル建築事例をお楽しみいただくとともに、
講座を受けて学生のタイルに対する印象が変わっていくようすもご覧ください。

◉タイルよもやま話「股引(モモヒキ)」
さむ〜〜い季節にぴったりのタイトルですね(笑)
そういえば、最近はビジネスマン向けに、スーツの下にはくパンストが流行っているとか。
・・・さて、今回はどんなふうにタイルと結びつくのでしょう?!



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:143 最後に更新した日:2016/03/03

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM