映画「ミステリーズ 運命のリスボン」

 ただいま、東京・シネスイッチ銀座で公開中の映画「ミステリーズ 運命のリスボン」!

こちら、アズレージョ(ポルトガルの伝統的な装飾タイル。青と白が印象的。)が映画の背景に効果的に使われており、ポルトガル・タイルの歴史がよくわかる映画だそうです☆

約4時間半の大作です!!

シネスイッチ銀座では11/30(金)まで公開予定。

その他、愛知や大阪でも公開予定ありですので、詳細はオフィシャルサイトをご覧くださいね♪♪♪http://www.alcine-terran.com/mysteries/
大阪ではテアトル梅田で近日公開予定だそうです**

NHK『美の壷』タイル編が放送!

 HNKの番組『美の壷』で、このたびタイルが紹介されまーーーす

『美の壷』は、「暮らしの中に隠れたさまざまな美を紹介する、新感覚の美術番組」(『美の壷』ホームページhttp://www.nhk.or.jp/tsubo/program.html より)。

『タイルの本』の連載「新タイル建築探訪」執筆者・酒井一光さん(大阪歴史博物館 学芸員)や、『タイルの本』に何度かご寄稿いただいている深井明比古さん(兵庫県立考古博物館)も番組制作にご協力されたようです。

どんな内容が放映されるのか、楽しみですね

皆さんもお見逃しなく!!


番組名 『美の壺』<副題:日本のタイル(仮)>
放送日時 平成23年4月28日(木)19:30〜20:00 BSプレミアム
再放送   平成23年4月29日(金)15:00〜15:30 BSプレミアム
同     平成23年5月1日(日) 4:30〜5:00 地上波総合テレビ
同     平成23年5月4日(水) 8:00〜8:30 BSプレミアム
※ 国際放送あり。NHKオンデマンドで14日間ほど有料配信あり。



今日は岡本太郎・生誕100年

 本日2月26日は、芸術家・岡本太郎の誕生日だそうです。生誕100年。

そんな今日、NHKでは土曜ドラマ「TAROの塔」(夜9時〜、毎週土曜4回連続)が始まります。http://www.nhk.or.jp/dodra/taro

岡本太郎といえば、大阪万博の「太陽の塔」や、最近では渋谷駅に設置された大壁画「明日の神話」などでよく知られていますが、陶板やタイル画もたくさんつくった芸術家です。

「タイルの本」でも、岡本太郎記念館での展示をレポートしたり(2009年9月号)、モザイクタイル壁画「海辺の太陽」の修復をレポートしたり(2009年10月号)しています

2011年1月号では、島屋所蔵の太郎タイル画「ダンス」の修復にINAXライブミュージアム・ものづくり工房が携わった話題をお届けしたばかり。http://www.inax.co.jp/company/news/2010/070_culture_1116_723.html

「芸術は大衆のもの」という信念を持っていたという岡本太郎は、パブリックアートも精力的に手掛け、その素材として「色が変わらない」「原画に近い原色が再現できる」などの理由から、モザイクタイルや陶板を選んでいたようです。

NHKのドラマには太郎(松尾スズキ)や敏子(常磐貴子)はもちろん、建築家・丹下健三(小日向文世)も登場するようです。

丹下設計のもと、太郎が大規模な陶板壁画を制作した旧都庁舎の話も出て来るかも?!と期待!!

ちなみに。

最近、病気からみごと復活されたサザンの桑田佳祐も今日が誕生日だそうですよ



映画『トイレット』

 1ヶ月ほど前ですが、映画『トイレット』を見て来ました

『かもめ食堂』や『めがね』などの荻上直子監督の最新作です。

『トイレット』公式サイトの下のほうには「特別協賛:TOTO」の文字が。

「トイレ」、そして「TOTO」とくれば、そのココロは・・・?!

それは映画を見てのお楽しみです

さて、水回り空間といえば、気になるのがタイル。

タイトルでもある『トイレ』にすてきなタイルが使われているかも?と思って見ていたのですが、床がタイルだったかも。というくらいでした。

でも、3兄弟とおばあちゃん(もたいまさこさん)の家の部屋の暖炉のタイルが、渋くてとてもすてき

これは公式サイトでもトップに出て来ますので、ぜひ御覧ください。

映画『トイレット』公式サイト http://www.cinemacafe.net/official/toilet-movie/

映画の中では、しぶいタイルがかわいらしい柄のファブリックを引き立てています

この映画はカナダのトロントでロケが行なわれたそうで、家もレンガ造り。

3兄弟とおばあちゃんがお庭でお食事するシーンのレンガ壁、そして、ここでもかわいらしいファブリックが映えていますので要チェック

ドラマもそうですが、映画の背景がさりげなくとてもきれいだと、その作品制作にかける情熱が伝わってくるようですよね。

おすすめのタイルが出て来る映画などありましたら教えてくださいね〜


BS朝日「時を超えて残るもの〜タイル」

「タイルの本」でも何度かご紹介させていただいている、愛知県常滑市のINAXライブミュージアム。

「世界のタイル博物館」をはじめ、土建築が圧巻の「土・どろんこ館」ややきものやタイルアートの体験ができる「陶楽工房」など、タイルややきもの文化を存分に楽しめる施設です

そんなライブミュージアムには、「ものづくり工房」という工房があり、歴史的な建造物のタイルなどの復元にも取組んでおられます。

このたび、BS朝日の「STYLEBOOK」という番組で、その取組みが紹介されたそうです。

番組は3/27に放映されたそうですが、それが「ものづくり工房」のwebサイトにアップされたとのこと

帝国ホテルのスクラッチタイル、イタリアのジオ・ポンティ設計の教会のタイル、芝川又右衛門邸の暖炉のタイル、岡本太郎のモザイクタイル壁画作品の再生・・・

まさにまさに、タイルづくしな番組となっています

そして、「タイルの本」にも何度かご登場いただいているライブミュージアム・後藤泰男さんが、「ものづくり」の熱い想いをお話されていますので、こちらも必見

番組はコチラから→→→ http://www.inax.co.jp/tilinglabo/exhibition/special/

ちなみに、番組で取り上げられているタイルは、全て「タイルの本」でもご紹介しています。

下記に関連の号数とタイトルを並べてみましたので、ぜひ本誌と合わせてお楽しみください

■帝国ホテル:
2009年4月号/特集「建築探偵のタイル観察」藤森照信氏
2009年5月号/特集「手技が生んだ、土とタイルの妙」トーク 久住有生氏×後藤泰男氏
2010年2月号/特別企画「博物館明治村のタイル・レンガを訪ねてー」

■ジオ・ポンティ:
2008年12月号/イタリアの名建築・聖フランチェスコ教会のタイル修復完成!

■芝川又右衛門邸:
2010年2月号/特別企画「博物館明治村のタイル・レンガを訪ねてー」

■岡本太郎のモザイクタイル壁画:
2009年9月号/タイルアートレポート「タイル壁画を触発する岡本太郎の『湧き上がるイメージ』
2009年10月号/特集鶤「岡本太郎のモザイクタイル壁画『海辺の太陽』が再生!」


1

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:143 最後に更新した日:2016/03/03

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM